メルセデスベンツUSAのスティーブ・キャノン社長兼CEOが、自身のTwitterページで紹介した新型Sクラスクーペと思われるテストカー

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツが5月に欧州で発表した新型『Sクラス』。その2ドアクーペ版の開発テストが、順調に進んでいるようだ。

これは7月24日、メルセデスベンツUSAのスティーブ・キャノン社長兼CEOが、自身のTwitterページで明らかにしたもの。米国のデスバレーで耐熱テストを行う、謎のメルセデスベンツの画像を公表している。

この画像では、車体にカモフラージュが施されたテストカーを紹介。後方の車両と比較すると、大型の2ドアクーペと推測される。

なお、この画像について、スティーブ・キャノン社長兼CEOは、「デスバレーで新車をテストしています。このカモフラージュの下に隠されているのが、どのモデルか分かりますか?」、とだけコメント。

ダイムラーは6月中旬、新型Sクラスの生産開始に合わせて、「新型Sクラスに『Sクラスクーペ』を追加設定する」と発表済み。現行『CLクラス』の後継車になる。メルセデスベンツUSAのスティーブ・キャノン社長兼CEOがツイートした画像は、新型Sクラスクーペと見て間違いなさそうだ。

メルセデスベンツ CLクラス(参考画像)