スタンレー電気(webサイト)

スタンレー電気が発表した2013年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比24.0%増の84億9400万円と大幅増益となった。

自動車のアジア・中国・米州での生産増加、二輪車のアジアにおける生産回復により、売上高は同17.7%増の763億7600万円と順調に推移。収益でも大幅に改善。経常利益は同30.3%増の91億0900万円、当期純利益は同33.9%増の55億6000万円となった。

また、自動車向け製品等の受注増加と円安などを理由に中間期の業績見通しを上方修正。売上高は前回予測から60億円増の1500億円、営業利益は8億円増の170億円、経常利益は9億円増の180億円、純利益は4億円増の109億円とした。なお、通期業績見通しは前回予想を据え置いた。