日野自動車 市橋保彦社長《撮影 小松哲也》

日野自動車の市橋保彦社長は7月26日都内で会見し、当初2020年までとしていた古河工場(茨城県古河市)の全面稼働を2016年に前倒しすることを明らかにした。

古河工場は2012年5月にノックダウン(KD)部品の生産を開始し、14年からはアクスルなどシャシー部品の生産も始まる。さらに本社がある日野工場で現在行っている大・中型トラックの車両組み立て工程を全面的に移管する計画。

当初は2020年までに古河工場への全面移管を完了するとしていたが、車両組み立て工程を2015年から段階的に移し、本格稼働を2016年に前倒しする。

市橋社長は「(全面移管までの期間が)長いと様々な構成部品が(工場間を)行き交うことになり、決して効率的ではない。できるだけ短い時間で、しかも新しい技術を早く取り入れることもやらなければいけないということで、今回細かく精査したところ16年にできるのではないかという結論に達した」と説明した。

日野自動車市橋社長会見《撮影 小松哲也》 日野自動車市橋社長会見《撮影 小松哲也》 日野自動車 市橋保彦社長《撮影 小松哲也》 日野自動車市橋社長会見《撮影 小松哲也》 日野自動車市橋社長会見《撮影 小松哲也》