日産・モコ

日産自動車は、軽自動車『モコ』の一部仕様を向上し、7月26日より販売を開始した。

今回の一部仕様向上では、停止前車速13km/h以下から作動するアイドリングストップシステムを全グレードに設定。あわせて、蓄冷材内蔵の空調ユニットを採用することで、アイドリングストップ中のエアコン送風モードの冷気の持ちを長くし、エンジンの停止時間を延長させた。

さらに、全グレードに高効率リチウムイオンバッテリーと、高効率・高出力のオルタネーター(発電機)を搭載し、回生エネルギーの蓄電容量を増加させることで、発電のために使用しているガソリン消費量を抑え、燃費を向上させた。

これらの燃費向上技術により、軽ハイトワゴンクラストップの低燃費30.0km/リットル(JC08モード)を実現、全グレードの自動車取得税、自動車重量税が免税となる。

その他、Xグレードは本革巻ステアリング、6スピーカー、フロントスタビライザー、14インチアルミホイールを採用し、仕様を向上。また、Sグレードには新造形の13インチフルホイールカバーを採用した。

価格は116万250円から156万6600円。

日産・モコ 日産・モコ 日産・モコ