ダイハツ・ムーヴ《撮影 諸星陽一》

ダイハツ工業の入江誠上級執行役員は、7月15日に発表した2014年3月期第1四半期決算の会見で、今後の競争に打ち勝っていくため、次々に新技術を投入していく考えを示した。

軽自動車市場はホンダの躍進、そして日産・三菱連合による新型車の投入と、年々競争が激化している。そのなかでダイハツはシェアトップを走っているものの、6月は29.6%と30%を割ってしまった。

「これだけ競争が激化してくると、どれだけいいものを出していくかが重要になってくる。そのためには、技術の棚をたくさんつくってタイミングよく出して行く必要がある。しかも、開発期間も今までの半分ぐらいでやっていかなければならない」と入江上級執行役員は強調する。

そこで、大事になってくるのが研究開発投資で、これまでの1.5〜2倍をつぎ込んでいるという。入江上級執行役員は、新技術の出し惜しみをしていたら、シェアトップを維持できないという思いが強い。これから発売されるダイハツ車には何かしらの新技術が搭載されることになりそうだ。

ダイハツ工業の入江誠上級執行役員《撮影 山田清志》