ダイハツ・ムーヴ

ダイハツ工業が7月25日に発表した2014年3月期の第1四半期連結決算は、国内販売が減少したものの円安効果などで営業利益は同期として過去最高の432億円(前年同期比14%増)だった。

OEMや受託車を除くダイハツ車の世界販売は6%減の25万7000台となった。このうち国内は前年のエコカー補助金の反動や軽自動車市場の競争激化により、10%減の15万8000台と落ち込んだ。

一方でインドネシアおよびマレーシアの海外は2%伸ばし、円高が修正されたこともあって、最高益につながった。期中のレートは1ドル96円となり、営業利益段階での為替変動による増益は45億円だった。売上高は4517億円(1%増)、純利益は232億円(13%増)で、これらも第1四半期として最高だった。

営業利益1350億円(前期比2%増)などとしている通期の業績予想は、据え置いた。東京で会見した入江誠上級執行役員は、今年度の国内軽自動車市場が200万台を超えて過去最高レベルになるとの見通しを示し、同社の業績も「上ぶれる可能性がある」と述べた。