ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム

チンクエチェント博物館(愛知県)を母体とする「ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム(mCrt)」が、7月20・21日に開催されたS耐第3戦・ツインリンクもてぎラウンドで初の完走を果たした。

mCrtは、チンクエチェント博物館代表の伊藤精朗氏がチームオーナーおよび運営プロデューサーを務め、アバルト『695アセットコルセ』(49号車)、アバルト『500アセットコルセ』(50号車)をベースとした車両、2台体制でS耐に参戦している。

今回のレースでは、SEVシステムを装着するなどのブラッシュアップを図ったこともあり、20日の予選では49号車が最激戦区ST4クラスを12位で通過。一方前回は予選通過に至らなかった50号車も今回は自力通過を獲得することに成功した。

21日の決勝では、49号車が一時ST4クラス6位まで上る活躍を見せたのち、クラス9位で完走。50号車も一時はクラス10位までポジションアップしたが、レース終盤に発生した、エンジンに異物を吸い込むというエンジントラブルのため、リタイアとなった。

今シーズンのmCrtは、このあと第4戦「富士スピードウェイ(8月10・11日)」、第5戦「岡山国際サーキット(8月31日・9月1日)」、第6戦「鈴鹿サーキット(9月21・22日)」、第7戦「オートポリス(11月9・10日)」に参戦する予定。

ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム