Ayrton Senna 1989 ムービー イメージ

ホンダは7月25日、インターナビのWebサイトとアプリにF1関連コンテンツを追加。アイルトン・セナの鈴鹿最速ラップを音と光で楽しめるムービーなどを公開した。

今回、インターナビのWebサイトに公開したムービーは、1989年にF1に参戦したマシン『マクラーレン ホンダ MP4/5』で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットを走行した際のデータを元に作成したもの。

作成にあたっては、1989年のF1日本GP予選で、セナが鈴鹿サーキットの当時世界最速ラップを出した際に記録された実際のアクセル開度や、エンジン回転数、車速の変化などの走行データを解析し、世界最速ラップ1周分のエンジン音を再現。さらに、実際の鈴鹿サーキットのコース上にスピーカーとLEDライトを設置し、セナの最速ラップをエンジン音と光の演出で再現した。

また、往年のホンダ車のエンジン音をiPhoneで楽しめる無料アプリ「Sound of Honda」に、マクラーレン ホンダ MP4/5のサウンドを追加した。同アプリは、車載オーディオにiPhoneを接続することで車載スピーカーからエンジン音を聞くことができるほか、iPhoneの加速度センサーなどで感知した情報を元に、クルマの走行状況に応じて音が変化する。

Sound of Honda画面イメージ