メルセデスベンツ日本代表取締役副社長 マーク ボデルケ(左)と代表取締役社長上野金太郎(右)《撮影 太宰吉崇》

メルセデスベンツ『CLAクラス』が日本でも発売された。そのエクステリアは“一目ぼれ”してしまうようなデザインだという。

メルセデス・ベンツ日本商品企画・マーケティング部商品企画3課の熊谷友貴さんは、CLAクラスは色々な要素が詰まったデザイン性の高いクルマだと話す。「クーペというボディタイプから、流麗というイメージを感じますし、フロントマスクにはダイヤモンドグリルは、ボンネットのパワードームとともに押し出し感が強く、力強さを感じるデザインにもなっています」と述べ、「格好いいと感じる方がいたり、きれいと感じる方など、様々な感じ方があると思います」と話す。

熊谷さんは、「(デザインに)一目ぼれして購入していただいても失敗はありません」とクルマの完成度に自信を見せる。「(デザインはこれまでと路線は違えども)中身は正真正銘のメルセデスです。乗ってがっかりさせることはありません。さらに4MATICを採用したクルマもあり、より多くのシーンで楽しんでもらえると思います」と語った。

メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 橋本隆志》 メルセデスベンツ・CLA45AMG4MATIC《撮影 内田俊一》 メルセデベンツ CLAクラス《撮影 内田俊一》 メルセデベンツ CLAクラス《撮影 内田俊一》 メルセデベンツ CLAクラス《撮影 内田俊一》 メルセデベンツ CLAクラス《撮影 内田俊一》 メルセデベンツ CLAクラス《撮影 内田俊一》