トヨタ・新型ハリアー

7月24日、トヨタ自動車は次期型『ハリアー』のプロトタイプデザインを発表、合わせて2013年冬に発売することを明らかにした。スバルとの共作である『86』という例外はあるにせよ、このタイミングでのデザイン公開と発売予告は異例だ。

トヨタ自動車の広報部に問い合わせると「従来型の生産が終了して以来、多くのお客様から次期型についての問い合わせをいただいていたことから、発表時期のアナウンスとプロトタイプデザインの公開に踏み切った」とコメント。次期ハリアーの東京モーターショーへの出展可能性を尋ねると「検討中」とのことだ。

寸法やパワートレーンなどの詳細については明らかにされておらず、広報部側も「いまのところノーコメント」だったが、シルエットはレクサス『RX』にかなり似通った印象だ。とくに後端で跳ね上がるサイドウインドウとスラントしたテールゲートのデザイン処理は酷似する。とはいえ写真を詳細に見比べるとフロント/リアのマスクだけでなくボディパネルやサイドウインドウのピラー処理なども微妙に異なっており、単なるバッジエンジニアリングでは無いこともたしかだ。

RXは現行型の登場からすでに4年半が経過しており、モデルとしては末期に差し掛かっている。次期型RXのベースとして新型ハリアーが位置づけられる可能性も考えられる。

さらに、ハイブリッドの存在も明らかにされたが、ラージクラスのエンジン横置きFFベースハイブリッドといえば、『エスティマ ハイブリッド』の2.4リットル直4ベースか、現行RXの3.5リットルV6ベースのいずれかと目される。

レクサス RX450L“version L”Air Suspension《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・新型ハリアー トヨタ・新型ハリアー トヨタ・新型ハリアー レクサスRX《撮影者 松下宏》 レクサス RX450L“version L”Air Suspension《撮影 太宰吉崇》 レクサス RX450L“version L”Air Suspension《撮影 太宰吉崇》 レクサスRX350 Fスポーツ(ニューヨークモーターショー12)