MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》

こんな個性的なクルマに、オススメ度の★をつけろと言われても困るんだけどなと思う。だってまず、「ミニ」のくせに「ミニサイズ」じゃないのだから。

そして、運転席に座ると、いつもながらの超個性的なコックピット。ふだんのクセで、ふと目をやるセンターパネルのカーナビの位置には、こんなに大きくしなくったってと相変わらず理解不能の巨大スピードメータが鎮座しているし、使い勝手を考えたらこの場所じゃないんじゃないの? と、いつも突っ込みたくなる場所に(センターパネルの下のほうね)、パワーウィンドーのスイッチがあるし。

つまり、人間工学とか使い勝手とか、ほかのクルマがミリ単位で頭を悩ませているような部分をすべて「だってデザインが面白いから」という理由で作っている。こんなところが、やっぱり「ミニ」なのだろう。

シートポジションは、ちょっと高め。しかもシートがかなり硬め。座ると体重の軽い女性陣はおさまりが悪いのではないだろうか。しかし、これでワインディングを走っても、驚くべきことにカラダは左右へとふられにくい。サスペンションがいいのである。座った瞬間の違和感はどこへやら、背が高いボディにも関わらずかっちり系、かつ、しなやかな乗り心地が味わえる。

どっちを目指しているのかよくわからないコンセプトながら、結局、なんか楽しくてちょっとわくわくするのである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。

MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》 MINI・クーパー ペースマン《撮影 太宰吉崇》