ICカード「ICOCA」を個人認証カードとして利用できるサービスを開始

JR西日本、JR西日本レンタカー&リース、タイムズ24は8月1日より、JR西日本のICカード「ICOCA」を、カーシェアリング車両の貸出・返却時の個人認証カードとして利用できるサービスを開始する。

3社は、協業で推進するカーシェアリング事業の一環として、2013年4月よりカーシェアリングサービス「レール&カーシェア」を開始。「レール&カーシェア」では、車両の貸出・返却時の個人認証に、タイムズカープラスの会員カードを使用しているが、駅周辺に設置されている「レール&カーシェア」の利便性をさらに高めるため、「ICOCA」による個人認証にも対応する。

同サービスにより、「ICOCA」1枚で「鉄道」から、二次交通としての「カーシェアリング」への乗り換えがよりスムーズとなり、「レール&カーシェア」の利用促進や、鉄道の利便性向上、環境負荷軽減型交通の充実を図る。

ICカード「ICOCA」を個人認証カードとして利用できるサービスを開始 ICカード「ICOCA」を個人認証カードとして利用できるサービスを開始 ICカード「ICOCA」を個人認証カードとして利用できるサービスを開始 ICカード「ICOCA」を個人認証カードとして利用できるサービスを開始 ICカード「ICOCA」を個人認証カードとして利用できるサービスを開始