メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》

メルセデス・ベンツ日本は、新型4ドアクーペ『CLAクラス』を、7月24日より発売する。

CLAクラスは、2012年に発表した「コンセプトスタイルクーペ」をベースに、さらにスポーティでダイナミックなデザインをまとった新型4ドアクーペ。

エクステリアは、流麗なルーフラインと、スポーティでダイナミックな3本のキャラクターラインが特徴的なサイドビューを形成するもの。フロントマスクは、ダイヤモンドグリルとボンネットのパワードームが力強い印象を与えている。さらに、Cd値0.23と、量産車で世界最高水準のエアロダイナミクスを実現し、燃費性能や静粛性の向上にも寄与している。

インテリアには、ヘッドレスト一体型スポーツシート(全席)のほか、チューブデザインのメーターパネルやSLS AMGの流れを汲む丸型エアアウトレットなどを採用。スポーティな空間を演出した。

パワートレインは、『CLA 180』に最新世代1.6リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを、『CLA 250』には2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載。いずれもECOスタートストップ機能を備え、さらに7速デュアルクラッチトランスミッション「7G-DCT」と組み合わせることで、高い環境性能と優れたレスポンスを実現した。

『CLA 250 4マチック』には、新開発となる可変トルク配分型の四輪駆動システム「4マチック」を搭載。あらゆる路面状況において最適なトラクションを発揮し、高い操縦性と走行安定性を実現する。

ハイパフォーマンスモデルの『CLA 45 AMG 4マチック』には、最高出力360ps、最大トルク450Nmを発生する新開発AMG 2.0リッター直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載。強力なエンジンパワーは、パフォーマンス志向の「AMG 4マチック」によって、確実に路面に伝達される。

安全運転支援システムも充実。追突するリスクを軽減するレーダー型衝突警告システム「CPA」や、長時間走行時におけるドライバーの疲労や眠気を検知して注意を促す「アテンションアシスト」を全車に標準装備した。

価格はCLA 180が335万円、CLA 250が459万円、CLA 250 4マチックが484万円、CLA 45 AMG 4マチックが710万円

メルセデスベンツ日本代表取締役副社長 マーク ボデルケ(左)と代表取締役社長上野金太郎(右)《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ日本の上野金太郎社長《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLAクラス《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ CLA発表会《撮影 太宰吉崇》