2012年ハンガリーGPでのフェラーリ(参考画像)

「ピレリP-ZEROタイヤ最新バージョンを初めて実戦で試すのが今週末のハンガリーGPです。これは2012年式のタイヤ構造に2013年コンパウンドという組み合わせですが、シルバーストーンのヤングドライバーテストで各チームには新しいタイヤを実際に試してもらい、いよいよ本当のコンペティションで試す機会が来たわけです」

「ハンガロリンクは予選結果が大きく物を言うので、予選でいかに使いこなすかが勝敗の分かれ目ですし、その準備としてのフリー走行も非常に重要です。レースになればハンガロリンクはオーバーテイクが難しいので、どのチームもピットストップストラテジーで順位を稼ぐ努力をするはずです。ミディアムとソフトをどう使い分けるかと、どれだけ燃料を積むかによって彼らのチャンスは大きく左右されるでしょう」

「ハンガリーの気温の高さも、タイヤ磨耗やデグラデーションを左右するはずです。トラクションやブレーキングが重視されるタイヤの性能指標ですから、どのチームもこのことを念頭にセットアップを決めるでしょうね。横方向のエネルギーは比較的小さめですから、タイヤの耐久性よりも単純なパフォーマンスが問題となるのではないでしょうか?」

マクラーレン(2012年ハンガリーGP)(参考画像) ザウバー(2012年 ハンガリーGP) フェラーリ(参考画像)