EV/PHV用充電システム世界市場規模推移と予測

矢野経済研究所は、次世代自動車(EV/PHV)用充電システム世界市場の調査を実施、その結果を発表した。

調査は、2013年3月から6月の期間、充電器メーカ、充電器用コネクタメーカ、車載充電器メーカを対象に、同社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査を併用して行った。

調査結果によると、2012年のEV/PHV用充電システム世界市場規模は、178億9800万円(メーカ出荷金額ベース)と推計。内訳をみると、急速充電器用コネクタが9700万円、急速充電器25億0100万円、車載充電器153億円だった。

急速充電器世界市場規模は、2015年に186億4500万円に、2020年には409億9500万円になると予測。急速充電器は、2015年までCHAdeMO規格を中心に導入が進み、2015年以降からはコンボ規格の急速充電器の登場で市場での導入競争がはじまると予測する。ただ、急速充電器の本格的な市場規模の拡大は、EV/PHV市場が拡大する2020年以降になると考える。

急速充電器用コネクタ世界市場規模は、2015年に19億8900万円に、2020年には68億3300万円になると予測。これまでの急速充電器用コネクタは、急速充電器1台に1個の搭載が一般的だったが、今後同時充電へのニーズや統一しないコネクタ規格の問題などから、1台に2個以上を取り付けた急速充電器の導入が増加すると予測する。

車載充電器世界市場規模は、2015年に574億円、2020年には2148億円に拡大すると予測。2013年以降に、世界の主要自動車メーカによるEV、PHVの新車が続々と販売開始されて需要拡大が期待できる。また、北米を中心に Level 1の普通充電よりも充電必要時間をより短くした Level 2の普通充電でのAC充電のニーズが高まっており、今後、海外を中心に高容量の車載充電器へのニーズが高まる見込みだとした。

CHAdeMO規格(参考画像)《撮影 山本一雄》