ボルボMEAN GREENとポルシェケイマンRの加速競争

スウェーデンの商用車大手、ボルボ(乗用車のボルボカーズとは別会社)。同社のハイブリッドトラック(トレーラーヘッド)のカスタマイズカーが、ドイツで圧倒的な性能を見せつけた。

これは7月19日、ボルボが明らかにしたもの。ボルボ『MEAN GREEN』が7月12‐14日、ドイツ・ニュルブルクリンクで行われた「ADACトラックグランプリ2013」に参加。ポルシェ『ケイマンR』とのドラッグデモレースに挑戦している。

ボルボのMEAN GREENは、「D16」型ターボディーゼルエンジンに、最大出力200ps、最大トルク122kgmのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用。トータルで最大出力2100ps、最大トルク713.8kgmを引き出す。

2012年4月には、米国ユタ州においてボルボMEAN GREENが最高速チャレンジを実施。236.577km/hを計測し、従来の記録を18km/h上回る、ハイブリッドトラックによる新たな世界最高速記録達成している。

7月14日、ドイツ・ニュルブルクリンクで行われたポルシェ ケイマンRとのドラッグレースは、350mの直線で競われた。ボルボMEAN GREENはほぼ12秒で駆け抜け、最大出力330psのポルシェ ケイマンRを圧倒。この時の最高速は180km/hに到達したという。

ボルボのハイブリッドトラック、MEAN GREEN