VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》

正直言って、幌のオープンはかっこ悪いと思う。日焼けが気になるアラフィー女子にしてみれば、クローズのときの見栄えにはこだわりたいのだ。

唯一、例外があるとすれば、この『ザ・ビートル カブリオレ』だろう。

幌の「力の抜け具合」が逆になんとも心地いい。ただでさえ独自の世界観でゆるく美しく成立したデザインなのに、さらに屋根を開けたときの開放感は底知れない。乗っているだけで楽しく、おそらく間違いなく、見ている側も「楽しそうだなあ」と羨望の眼差しを隠しきれないことだろう。

ボディカラーと同じ色をあしらったインテリアは、見られている感をドライバーにうながして背筋が伸びる。そして走りがなんとも軽い。載せられたエンジンは、ダウンサイジングの1.2リットル+ターボ。

対するボディは、屋根がないぶんボディ剛性を保つべく、重量感が増している。にもかかわらず、なんだこの軽いスタートダッシュは? いつもながら、ゴルフをはじめとするVWのボディ剛性はすごいと思うけれど、このカブリオレにもその性能と成果はいかんなく発揮されていると思う。そして、わずか1.2リットルと、10年前なら鼻で笑われちゃいそうなサイズのエンジンでも、見事な乗り心地に仕立てられている。

そうだよね、オープンだもんね。空気の美味しさを実感しなくちゃだもんねと、燃費のよさ=排出ガスの少なさと、忘れかけていた方程式を思い出してみたりしている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。

VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》 VW ザ・ビートル カブリオレ《撮影 太宰吉崇》