MotoGP ダニ・ペドロサ選手

7月21日、MotoGP第9戦・アメリカGPの決勝がマツダ・レースウェイ・ラグナセカで開催され、マイク・マルケス(Repsol Honda Team)が2連勝で今季3勝目を挙げた。

決勝は、初のポールポジションを獲得したステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)と、予選2番手のマルケスの一騎打ちとなり、19周目にブラドルをかわしたマルケスが、そのまま快調にラップを刻み、32周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。

マルケスは今大会、初日のフリー走行から好調だったが、予選での転倒で決勝は2番グリッド。ブラドル、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)に続いてオープニングラップ3番手と1つポジションを落としたが、4周目にロッシをパスして2番手に浮上すると、ブラドルを追い上げた。19周目の最終コーナーでブラドルをかわしてトップに浮上すると、そこからは快調にラップを刻んだ。

マルケスは、第2戦アメリカズGPで優勝し、フレディ・スペンサー選手の持つ最高峰クラスの史上最年少優勝記録を更新。今大会はスペンサー選手の持つ21歳104日の史上最年少での連勝記録を上回り、20歳154日へと更新した。これでマルケスは、今大会5位のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)に16点差、今大会6位のホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)には26点差とした。

■MotoGP 第9戦(アメリカ)
1位:マイク・マルケス(ホンダ)
2位:ステファン・ブラドル(ホンダ)
3位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
4位:アルバロ・バウティスタ(ホンダ)
5位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)
6位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)

■ポイントスタンディング
1位:マイク・マルケス(ホンダ)163P
2位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)147P
3位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)137P
4位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)117P
5位:カル・クラッチロー(ヤマハ)116P
6位:ステファン・ブラドル(ホンダ)84P

MotoGP マルク・マルケス選手 MotoGP マルク・マルケス選手 MotoGP マルク・マルケス選手