直会で挨拶をする豊田章男社長《撮影 丹羽圭》

トヨタ自動車は22日、販売店サービススタッフの育成などを目的とした新施設「多治見サービスセンター」の竣工式を、岐阜県多治見市の同敷地内で実施した。

多治見サービスセンターは、国内外の販売店サービススタッフの応対力や技術力を高めるため、人材育成や車両修理技術の研究・開発を行う研修施設。18.7万平方mの広大な敷地内には、4階建ての「研修棟」のほか、1.3kmの周回路や国内外の路面環境等を再現した特殊路面(石畳のベルジアン路、波状路など13種類)で構成される「走行確認路」を備えるのが大きな特徴。トヨタ車が実際に使用される「現場」を再現し、そこで得たデータや確認された事象をもとに、原因追求や修理などの対応力を磨くのが目的だ。

また、受け入れ可能な受講者数も、従来の日進研修センター(愛知県日進市)の年間2600名から4800名に拡大。これにより、国内販社のサービススタッフで先生役となる技術トレーナー(約700名)のほか、海外各地域の代理店にいるインストラクター(約350名)を対象に、国内スタッフについては約1週間、海外スタッフについてが2〜3週間の研修を行うことが可能となっている。なお、現在、トヨタ販売店のサービススタッフは国内が10万人、海外が2万人の計12万人。

竣工式には、豊田章男社長のほか、古屋圭司 国務大臣、古田肇 岐阜県知事、古川雅典 多治見市長ら約120名が出席。厳粛に神事が行われた後、直会(なおらい)で豊田社長は、トヨタ創業時の製品であるG1型トラックの故障修理から、2009年から2010年に起こった品質問題などに触れながら、「お客様の現場で起こることに、より迅速に、より正確に対応していくために、お客様目線でコミュニケーションしていくのが、私どもの使命。多治見サービスセンターは、お客様の現場を再現し、現地現物で確認すると共に、サービススタッフの人材育成をするための重要な施設」と語った。

トヨタ自動車 多治見サービスセンターの走行確認路(北側)《撮影 丹羽圭》 トヨタ自動車 多治見サービスセンターの走行確認路(南側)《撮影 丹羽圭》 トヨタ自動車 多治見サービスセンター 正門《撮影 丹羽圭》 竣工式では厳粛に神事が行われた《撮影 丹羽圭》 竣工式の神事にて、豊田章男社長《撮影 丹羽圭》 神事のあとの直会で挨拶をする豊田章男社長《撮影 丹羽圭》 岐阜県を地元とする古屋圭司 国務大臣。「若いころは初代カローラレビン(TE27)でラリーに出ました」との余談も。《撮影 丹羽圭》 古田肇 岐阜県知事《撮影 丹羽圭》 古川雅典 多治見市長《撮影 丹羽圭》 多治見サービスセンター竣工式の直会にて《撮影 丹羽圭》 竣工式の後、報道陣向けに行われた診断実習とメンテナンス実習のデモンストレーション《撮影 丹羽圭》 竣工式の後、報道陣向けに行われた診断実習とメンテナンス実習のデモンストレーション《撮影 丹羽圭》 竣工式の後、報道陣向けに行われた診断実習とメンテナンス実習のデモンストレーション《撮影 丹羽圭》 メンテナンス実習のデモンストレーションを行った北米代理店のインストラクター《撮影 丹羽圭》 正面玄関に貼られた、トヨタサービス検定一級取得者のリスト《撮影 丹羽圭》