ベストオブショー&クラスB優勝:ジャガーSS100《撮影 内田千鶴子》

7月19日から21日にかけて、ザ・コンクール・デレガンス・ジャパン2013が開催された。審査の結果、ベストオブショーにはジャガーSS100が受賞した。

横浜美術館(神奈川県横浜市)と横浜赤レンガ倉庫において開催された、ザ・コンクール・デレガンス・ジャパン2013は、世界に向けて、日本にも自動車趣味が根付いていることを示すために行われた。

39台の出品車を年式別に4カテゴリーに分け、それぞれのクラスごとのトップ3と、ベストオブショウを審査員が選出する。

審査員は、日産自動車の中村史郎氏や元ピニンファリーナデザインディレクターの奥山清行氏をはじめ、8名がオリジナル性や、ヒストリーなどを踏まえ審査した。

各クラス別優勝及び主な特別賞は以下のとおり。
●ベストオブショー          :ジャガーSS100
●クラスA(1910年〜1930年)優勝:ブガッティT37
●クラスB(1931年〜1945年)優勝:ジャガーSS100
●クラスC(1946年〜1960年)優勝:フィアット1100スパイダースタビリメンティファリーナ
●クラスD(1961年〜1975年)優勝:ロータスエリートS2
●ピープルズチョイス 第1位(来場者コンテスト):ランボルギーニミウラSV
●パーフェクトレストレーション  :シェルビーコブラ427
●モストイノベーティブカー(各時代で最も進んだ技術を採用し、現在も適切に保存されている):タッカートルペード
●ベストプレザーブトカー(レストアせずオリジナルの状態を保っている):ランボルギーニ400GT2+2

ベストオブショー&クラスB優勝:ジャガーSS100《撮影 内田俊一》 クラスA優勝:ブガッティT37《撮影 内田俊一》 クラスC(1946年〜1960年)優勝:フィアット1100スパイダースタビリメンティファリーナ《撮影 内田俊一》 クラスC(1946年〜1960年)優勝:フィアット1100スパイダースタビリメンティファリーナ《撮影 内田千鶴子》 クラスD(1961年〜1975年)優勝:ロータスエリートS2《撮影 内田俊一》 ピープルズチョイス第1位(来場者コンテスト):ランボルギーニミウラSV《撮影 内田千鶴子》 パーフェクトレストレーション:シェルビーコブラ427《撮影 内田俊一》 モストイノベーティブカー:タッカートルペード《撮影 内田俊一》 ベストプレザーブトカー(レストアせずオリジナルの状態を保っている):ランボルギーニ400GT2+2《撮影 内田俊一》 審査風景。日産自動車中村史郎氏(左)と、元オペルデザイナーの児玉英雄氏《撮影 内田俊一》 ダットサン16クーペと日産自動社(左だけ)《撮影 内田俊一》