故吉田茂首相の愛車ロールスロイス・25/30スポーツサルーン(特別展示)《撮影 内田千鶴子》

7月19日から21日にかけて、横浜美術館(神奈川県横浜市)と横浜赤レンガ倉庫において、ザ・コンクール・デレガンス・ジャパン2013が開催中だ。主催はコンクール・デレガンス実行委員会。

海外では、毎年8月に開催されるアメリカのペブルビーチ、5月末のイタリアのヴィラ・デステが、コンクール・デレガンスとして有名だが、今回日本でも選りすぐりの名車を集めたコンクール・デレガンスが開催されている。

主催者は、「コンクール・デレガンスを開催するためには、その開催国に、クルマ趣味の長い歴史が存在することが不可欠。戦後70年近くを経て、世界に冠たる自動車生産国となった我が国に、自動車趣味が根付いていることを示すためにも、コンクール・デレガンスの開催は必要だと考え、開催を決意した」と述べる。

出品車は、1910年のスチュードベーカー・スピードスターから、1974年のディノ246GTSまで39台。年代別に4つのカテゴリーに分かれ、それぞれのクラスウイナーとベストオブショウが、審査員によって選ばれる。

審査員は、日産自動車のチーフクリエイティブオフィサーとして、デザイン及びマネージメントを担当する中村史郎氏をはじめ、7名が20日から21日にかけて、1台1台丁寧に審査が執り行われる。

コンクール・デレガンス出品車は横浜美術館前に展示されるが、第2会場である横浜赤レンガ倉庫では、20日は設立50周年を迎えたランボルギーニオーナーズミーティングが、21日は自動車関係の専門店が一堂に会する、スペシャルショップフェスティバルが開催されるほか、両日を通して、クラシックフォーミュラーワンが展示され、生のエンジン音を聞くことが出来るという。

スチュードベーカー・スピードスター《撮影 内田千鶴子》 ロールスロイス・20/25クーペ《撮影 内田俊一》 ブガッティ・T57ヴァントゥー《撮影 内田俊一》 ベントレー6 1/2リッタースピード6《撮影 内田千鶴子》 ダットサン16クーペ《撮影 内田俊一》 ジャガー・SS100《撮影 内田俊一》 タッカー・トルペード《撮影 内田俊一》 フェラーリ・250エウローパ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・ミウラ《撮影 内田俊一》 ザ・コンクール・デレガンス・ジャパン2013開催《撮影 内田千鶴子》 ザ・コンクール・デレガンス・ジャパン2013開催《撮影 内田俊一》