7月16日午前9時35分ごろ、北海道札幌市厚別区内の市道で、交差点を進行していた幼稚園の送迎用マイクロバスと乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故でバスに乗っていた園児3人が負傷。警察ではどちらかの信号無視が事故の主因とみている。

北海道警・厚別署によると、現場は札幌市厚別区厚別東2条2丁目付近で片側1車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。幼稚園の送迎用マイクロバスと乗用車の双方は減速することなく交差点へ進入。そのまま出会い頭に衝突した。

双方の車両は小破。マイクロバスには園児と引率の教諭、運転手のあわせて17人が乗車していたが、このうち園児3人が座席から投げ出され、打撲などの軽傷。乗用車を運転していた同区内に在住する67歳の女性にケガはなかった。

警察ではどちらかが信号を無視して交差点へ進入したことが事故につながったものとみて、当時の信号表示状況など、事故発生の経緯を詳しく調べている。