S7スポーツバック《撮影者 松下宏》

アウディのA7スポーツバックをベースにした『S7 スポーツバック』は、5ドアボディにV型8気筒4.0リッターのツインターボ仕様エンジンを搭載するスポーツモデルだ。

流麗な外観デザインは5ドアハッチバック車というよりも4ドアクーペを思わせる。アウディらしくインテリア回りのクォリティの高さは印象的で、S7スポーツバックには専用のトリムやカーボンアトラスのデコラティブパネルが採用され、質感だけでなくスポーティな雰囲気が演出されている。

ボディはかなり大きい。全長が4990mm、全幅が1910mmというのは半端ではない。クーペ風のデザインなので全高こそ1420mmと低めに抑えられているが、最小回転半径が5.7mになるなど、日本では使い勝手にも響くサイズである。

その分だけラゲッジスペースの容量は大きい。大きく開く後部のハッチバックドアを開け、後席の背もたれを倒し、助手席の背もたれまで倒せば、長尺物でもかさばる荷物でも何でも積める感じの広さがある。

搭載エンジンは309kW/550N・mのパワー&トルクを発生する。309kWの最高出力を発生する回転数は5500回転から6400回転と高めだが、550N・mの最大トルクはわずか1500回転から5200回転までの幅広い回転数域で維持される。文字通りフラットなトルク特性だ。

発進加速はスムーズかつ速い。センターデフ式のフルタイム4WD車であることに加え、試乗車にはサンルーフが装着されていたこともあって、車両重量はけっこう重くて2090kgに達していた。そのスーパーヘビー級のボディをぐいぐい押し出していくだけの動力性能を持つ。

このエンジンにはシリンダー・オンデマンドという気筒休止システムが採用されていて、クルージング状態などのときには4気筒が休止して4気筒車として走っている。でもこの切り替えは運転していても全く分からない。最新のノイズキャンセル機構やアクティブ・エンジンマウントを採用することで、切り替えを感じさせない走りだ。

パワフルなエンジンを搭載した高性能車であるからこそ、燃費にも配慮した仕様を備える。これが最近のヨーロッパ車の傾向である。

ベースのA7スポーツバックが900万円級のクルマなので、A7スポーツバックの価格は1200万円を超える。どんな人がどんな選び方をするのかが見えにくいクルマでもある。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》 S7スポーツバック《撮影者 松下宏》