米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル(参考画像)

米国の自動車産業の発祥の地であり、米国自動車最大手のGMが本社を構えるミシガン州デトロイト市。同市が財政破綻した。

これは7月18日、ミシガン州東部地区の破産裁判所が明らかにしたもの。「デトロイト市から連邦破産法9条の適用申請を受けた」と発表している。

デトロイト市では、かつて隆盛を極めた自動車産業が衰退。自動車メーカーが工場の閉鎖や移転を進めたこともあり、人口の流出が加速。税収が減り続け、財政状態が悪化していた。

なお、デトロイト市の負債総額は、180億ドル(約1兆8000億円)以上。米国の自治体の財政破綻としては、過去最大規模となる。

ミシガン州東部地区の破産裁判所では今後、デトロイト市の破産法適用申請を審査。この申請が通れば、裁判所の主導の下で、デトロイト市は再生に向けて動き出すことになる。

米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル(参考画像)