Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル

富士スピードウェイは、7月21日に予定している「2013 Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル 富士山・金太郎杯」について、レース時間を当初の2時間から3時間に延長し、町内名所巡りオリエンテーリングは任意参加とする競技内容に変更した。

エコカーサマーフェスティバルは、ハイブリッドカーオーナー達が燃費や速さを競うイベントで、今年で4年めを迎える。今大会では、地元駿東郡小山町の後援により、総合優勝者には富士山・金太郎杯が贈られる。

レーシングコースでは練習走行兼タイムアタックで決勝レースのスターティンググリッドを決定し、「最低周回数50周」、「1周回ラップ3分15秒以下」、「最低5回のピットイン」等のサーキットならではのルールにより、3時間の耐久レースを開催する。

また、富士スピードウェイの近隣に設置した3か所の町内名所チェックポイントを巡る、「町内名所巡りオリエンテーリング」に参加が可能となっている。

イベントは、市販のハイブリッド車であれば輸入車も含めすべて参加可能で、さまざまなクラス分けを行うことで、同一車種間で競技を楽しむ工夫がされている。

参加人数も2名以上で上限設定がなく、家族やサークルチームでの参加が可能、特に町内名所巡りオリエンテーリングでは車両の乗車定員まで同乗が可能で、作戦&応援専門の人も楽しむことができる。

最大募集定員は100チーム、参加費は1チーム4万9000円。大会専用ホームページより現在参加チームを募集している。

Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル Eco Car Cup エコカーサマーフェスティバル