ホンダ フィットRS(プロトタイプ)

新型『フィット』のプロトタイプ、いちばんインパクトがあったのは、やっぱり「RS」の6MTモデルですね。誤解を恐れずに言っちゃうと、現行型はコスメティックモデル+αな感じが強かったですけど、新型はホットハッチ感が強まっているんです。

とにもかくにも軽いっ!ボディサイズに見合った適度なパワー感、ショートストロークのシフトフィール、グイグイ鼻先が入っていくようなハンドリング。足回りはそれなりにカタイんだけれど、その中にもストローク感があってしなやかさが感じられ、乗り心地もちょうどイイ感じ。

ブレーキフィールも自然でコントロール性が高かった。とにかく、ホットハッチに必要な軽さとしっかり感と、パワーと乗り味のちょうどよさが上手くバランスしていて、乗っていて気持ちイイんです!

ちょっと残念だったのは、インテリア。RSとハイブリッドのシートは柄を含めてまったく同じだし、メーター周りは“RS”のロゴがあしらわれている程度で、それ以外はガソリン標準車と同じだったので、なんとなく特別感が薄まっちゃうところがあるんですね。

運転中はインテリアしか目に入らないですから…。ってもしかしたらホンダさん、これはカスタマイズベースだという風に考えていらっしゃるのかも? 発表時にはホンダアクセスさんや無限さんあたりから、東京モーターショーやオートサロンに出すような、すんごいモデルが出てきたりして。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト・タレント
「クルマ&カーライフは楽しくなくっちゃ!」をモットーに、紙媒体はもちろん、Web、テレビ、ラジオ、テレビまで幅広く「世界中で喋って・書いて・走って」活躍する女性モータージャーナリスト。クルマのインプレッションのほか、カーグッズを含めたカーライフ全般を女性の視点からレポートする。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

竹岡 圭 ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットRS(プロトタイプ) ホンダ フィットHV(プロトタイプ) ホンダ フィットHV(プロトタイプ) ホンダ フィットHV(プロトタイプ) ホンダ フィットHV(プロトタイプ) ホンダ フィットHV(プロトタイプ) ホンダ フィットHV(プロトタイプ) ホンダ フィットHV(プロトタイプ) ホンダ フィットHV(プロトタイプ) ホンダ フィットHV(プロトタイプ) ホンダ フィットHV(プロトタイプ) ホンダ フィット(プロトタイプ) ホンダ フィット(プロトタイプ) ホンダ フィット(プロトタイプ) ホンダ フィット(プロトタイプ) ホンダ フィット(プロトタイプ) ホンダ フィット(プロトタイプ) ホンダ フィット(プロトタイプ)