ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ)

ハイブリッドカーは楽しくないという定説を、次期フィットは打破するかもしれない。価格が何倍もする輸入ハイブリッドカーと比べても、いい勝負しそう。

1.5Lエンジンはアトキンソンサイクルとは思えぬほど心地いい音を奏でるし、なによりもDCT(デュアルクラッチトランスミッション)が効いている。快音を刻みながら力強くダッシュしていくそれは、DCTを装備した欧州製ハッチバックにモーターを追加したような感触。

もちろん電動走行や回生ブレーキもこなすけれど、それらをきっちり押さえた上でこの高揚感。ホンダの本気を感じた。

デザインも頑張ったと思う。フィットらしさを抑えつつ、未来的な顔や勢いのあるボディサイド、凝ったリアコンビランプなどを取り入れて、ぐっとホンダっぽくなった。インテリアはそれに比べると今一歩だけれど、カタチでフィットを選ぶ人が多くなるはず。

ここまでハイブリッドがいいと、ガソリン車は分が悪い。というか、ハイブリッド一本でいいのでは?と思ってしまうほど。燃費に惹かれて買ったユーザーが、クルマの楽しさに目覚める。そんな可能性さえ秘めた、ホンダ入魂の1台だった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性: ★★★★
パワーソース: ★★★★★
フットワーク: ★★★★
オススメ度: ★★★★★

森口将之|モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト
1962年東京都生まれ。自動車専門誌の編集部を経て1993年に独立。雑誌、インターネット、ラジオなどで活動。ヨーロッパ車、なかでもフランス車を得意とし、カテゴリーではコンパクトカーや商用車など生活に根づいた車種を好む。趣味の乗り物である旧車の解説や試乗も多く担当する。また自動車以外の交通事情やまちづくりなども精力的に取材。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。

森口 将之 ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ) ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ)