メルセデスベンツ A180 スポーツ(参考画像)《撮影 島崎七生人》

カーシェアリング・ジャパン(CSJ)は7月18日、カーシェアリングサービス「カレコ・カーシェアリングクラブ」において初めてとなる輸入車を都内ステーションに導入すると発表した。

8月にアウディ『A3スポーツバック』とフォルクスワーゲン『ザ・ビートル』を、9月にはメルセデス・ベンツ『A180』を導入。カレコで利用できる車種数は、カーシェア主要会社ではトップクラスの25車種となる。

カレコではハイクラスな輸入車をラインナップに加えることで、「カーシェアでワンランク上のクルマを楽しむ」という新たなライフスタイルを提案。従来とは違うドライブを楽しみたい時や、購入前の試乗機会としても利用することができる。

フォルクスワーゲン・ザ・ビートル(参考画像)