マツダ 新型アクセラ 北米仕様車

マツダが6月26日、米国ニューヨークで初公開した新型『マツダ3』(日本名:新型『アクセラ』)のハッチバック。同車の米国仕様に関して、その燃費性能が判明した。

新型アクセラの北米仕様には、「SKYACTIV‐G」と呼ばれる2種類のガソリンエンジンを用意。ともに直列4気筒で、排気量は2.0リットルと2.5リットル。新型は、マツダの新世代環境技術、「SKYACTIV」を全面採用したのが特徴。

2.0リットルは最大出力155ps/6000rpm、最大トルク20.7kgm/4000rpm。2.5リットルは最大出力184ps/5700rpm、最大トルク25.6kgm/3200rpmを発生する。2.5リットルの場合、先代の「MZR」型2.5リットル比で、10%以上パワーアップ。エンジン単体重量も10%軽い。北米マツダによると、低中速域のスピードも10‐15%高めているという。

今回、米国EPA(環境保護局)は新型アクセラの米国仕様について、その燃費性能を公表。最も燃費性能に優れるのは、2.0リットルの6速AT仕様。EPA燃費は、市街地30マイル/ガロン(約12.75km/リットル)、高速40マイル/ガロン(約17km/リットル)、複合モード33マイル/ガロン(約14km/リットル)。

米国では、高速燃費40マイル/ガロン(約17km/リットル)が、ハイブリッド車を除いたモデルで、高い燃費性能を示すひとつの基準。新型アクセラは、この基準を満たす燃費を実現していることになる。

マツダ 新型アクセラ 北米仕様車 マツダ 新型アクセラ 北米仕様車 マツダ 新型アクセラ 北米仕様車 マツダ 新型アクセラ 北米仕様車 マツダ 新型アクセラ 北米仕様車