タイヤリサイクルセンターフロー図

ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストンタイヤジャパン(BTJ)は、リトレッドタイヤ製造工場と廃タイヤ中間処理工場を1か所に集約した「ブリヂストンタイヤリサイクルセンター大阪」を7月16日に開設した。

同センターは、ユーザーの使用済みタイヤを回収し、全数リユース(再使用)・リサイクル(再利用)することを実現する新たな試みとして開設する。

同社グループは、原材料の調達から商品の販売にいたるサプライチェーン全体を通して、グループ全体で持続可能な社会の実現を目指している。リトレッドタイヤ製造工場と廃タイヤ中間処理工場をあわせ持つ同センターの開設により、使用済みタイヤを回収し、全数リユース・リサイクルすることが可能となる。

同社グループは、これまでの商品による「使用時中心の環境対応」から、タイヤの生産、使用、廃棄段階に至る「タイヤのライフサイクルの大部分を通じた環境対応」へと活動を進化させることで、さらなる資源の有効活用に取り組んでいく。

開所式