ロシアのGAZの工場で生産が開始されたメルセデスベンツ スプリンター

ドイツの自動車大手、ダイムラーは7月15日、ロシアの提携先のGAZの工場において、メルセデスベンツの商用車、『スプリンター』の生産を開始した。

ダイムラーは2010年12月、ロシアの自動車大手、GAZとの間で、小型商用車を共同生産する内容の提携を締結。その準備として、GAZのロシアのニジニノブゴロド工場に、ダイムラーが1億ユーロ(約130億円)、GAZが9000万ユーロ(約117億円)を投資。同工場の設備を刷新している。

今回、GAZの工場で生産が開始されたメルセデスベンツスプリンターは、『スプリンタークラシック』と呼ばれるモデル。直列4気筒ターボディーゼルエンジンを搭載。アダプティブESPなど、安全装備を充実させた。

ロシアでは、中大型サイズの商用車に対する需要が、この3年間で拡大。2012年には、年間15万台規模に成長している。ダイムラーは今後も、3‐5%の伸びが持続すると見込む。

ダイムラーのメルセデスベンツ商用車部門、Volker Mornhinweg取締役は、「今日はメルセデスベンツとGAZにとって、特別な1日。スプリンタークラシックの現地生産開始は、ロシアにおける大きな一歩」と述べている。