認証取得機関(外観)4TNV88C

ヤンマーは7月16日、19kW〜37kWの出力範囲で、世界で最も厳しいディーゼルエンジン排出ガス規制である、スイスのOAPC認証を世界で初めて取得したと発表した。

近年、地球環境保護のため、世界各国で内燃機関から排出される環境負荷物質の規制が厳しくなっている。 2013年より、ノンロードディーゼルエンジンの出力56kW未満において、日米欧で一段と厳しい新排出ガス規制が開始される中、ヤンマーは各国の厳しい新規制の認証を取得し、同社びわ工場(滋賀県)で量産している。

環境先進国であるスイスは、国内の建設現場で使用される作業機械に搭載されるディーゼルエンジンに対し、新規制適合に加えて、より一段と厳しいOAPC排出ガス規制をクリアすることを要求している。

OAPC規制は、日米欧の新規制が排出ガス中に含まれるPMの質量を規定するものであるのに対して、それに加えて一定作業時間あたりの排出ガス内に含まれる直径20〜300ナノメータのPM粒子数を1012個/kW・h以下にすることを要求した、非常に厳しい規制となっている。

PM粒子数規制は、2013年より開始された欧州の新排出ガス規制(Stage III B)でも、次期規制として導入の検討が始まっている。

ヤンマー(webサイト)