プロテクトの忌避剤《撮影 山田清志》

東京ビッグサイトで開催された「エコオフィス/エコ工場EXPO2013」(7月10日〜12日)には、ユニークな製品もいくつか展示されていた。その一つがプロテクト(本社・三重県津市)が製造する鳥を寄せ付けない忌避剤だ。

この主成分はハーブ系植物エキスと保湿剤、増粘剤、植物油を混ぜてペースト状にしたもので、これを塗布するだけで、鳥が寄りつかなくなるのだ。「鳥の種類によって、混ぜる成分を変えていますが、塗布後、数日から10日ほどで効果が現れます。もちろん、鳥や人に害のあるものではなく、鳥の習性を利用して、嫌がる匂いや感触などで寄せ付けなくしているんです」と同社関係者は話す。

すでに、学校や病院、工場、倉庫など多くのところで導入されており、三菱自動車や日野自動車といった自動車メーカーも工場にこの忌避剤を塗布しているそうだ。「発売して20年近くになりますが、年々右肩上がりで販売数量が増加しています」

同社では、この鳥用の忌避剤以外にも、猿用とイノシシ用の忌避剤も販売しており、「これからは法人だけでなく一般向けにも広げていきたい」と説明した。