MotoGP マルク・マルケス選手

7月14日、MotoGP第8戦・ドイツGPの決勝がザクセンリンクで開催され、マイク・マルケス(Repsol Honda Team)が今季2勝目を挙げ、ランキングトップに浮上した。

オープニングラップは、ステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、アレックス・エスパルガロ(ART)に続いて4番手だったが、3周目にエスパルガロをかわして3番手、5周目にロッシをパスして2番手、6周目にはブラドルを抜いてトップに浮上。それからは、後続との距離をじりじりと広げ、後半は後続との差を守りながら、危なげない走りで優勝した。

マルケスは史上最年少優勝記録を樹立した第2戦アメリカズGP以来、6戦ぶりの優勝。これで、転倒リタイアの第5戦イタリアGPをのぞき、8戦中7戦で表彰台に立ち、今大会欠場のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)とホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)を抜いて、第3戦スペインGP以来の総合首位に浮上した。

今大会は初日から好調で、フリー走行でトップタイムをマークし、予選でPP獲得。最後の調整の場となるウォームアップでもトップタイムと万全の状態を築き上げ、決勝では落ち着いたレース運びでライバルを圧倒した。これでホンダはドイツGP4連勝を達成した。

2日目のフリー走行で転倒したペドロサは、ウォームアップ前のドクターチェックで出場許可が下りるが、その後、体調が悪くなり、決勝出場をキャンセルした。

■MotoGP 第8戦(ドイツ)
1位:マイク・マルケス(ホンダ)
2位:カル・クラッチロー(ヤマハ)
3位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
4位:ステファン・ブラドル(ホンダ)
5位:アルバロ・バウティスタ(ホンダ)
6位:ブラドリー・スミス(ヤマハ)

■ポイントスタンディング
1位:マイク・マルケス(ホンダ)138P
2位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)136P
3位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)127P
4位:カル・クラッチロー(ヤマハ)107P
5位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)101P
6位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)74P

MotoGP マルク・マルケス選手 MotoGP マルク・マルケス選手