ビルイン型ナビとして使えるディスプレイユニット。写真は画像フォルダを開いているシーン

6MTでありながら箱根の峠道を軽々と身をこなす、そんな乗りやすさを見せてくれたプジョー『208 GTi』。シートに着座すると内装はフランスらしい洒落た感覚で満ちあふれていた。そんな中、見逃せないのが“プジョー初”の本格的ビルトインナビの搭載だ。

208GTiだけでなく、208シリーズにはタッチスクリーンで操作できるディスプレイユニットが標準で備わっている。このユニットでは、FM/AMチューナーの他、USB端子を介したiPodやUSBオーディオ、Bluetoothオーディオ等の再生が可能なほか、概算燃費表示や車両側ライト、スピードリミットといった各種設定などができるトリップコンピューター機能を装備。また、Bluetoothは携帯電話のハンズフリー通話にも対応している。

これらは基本的にフランス本国仕様に準じたもので、208シリーズではここにオプションでパナソニック製ナビユニットが加えられる。しかも、操作はこのディスプレイユニットですべて行えるのだ。これまでは、市販ナビとほぼ同等品を装着する形を採っていたプジョーだが、208シリーズではディスプレイ左側のスイッチで画面を押せばナビモードに切り替わる仕組みを採用。その意味で“プジョー初”の本格的ビルトイン型ナビなのだ。

そのビルトイン型ナビとして装着できるのは、16GB・SDカードに地図データを収録するパナソニック製のユニットだ。このユニットは助手席シート下に設置され、専用ケーブルでディスプレイユニットと結ばれる。ここにはフルセグ対応地デジチューナーも搭載され、受信状況に応じてワンセグとの自動切り替えも行う。

パナソニック製SDナビを組み合わせることが可能 ライティングなど車両側の様々な設定がディスプレイユニットが操作できる ウェルカムライトなど、必要な機能がディスプレイユニットから設定可能 車速アラームの設定画面 利用言語が設定できるが、日本語はなかった ステアリングリモコンを装備。左側がボリュームやソース切り替え。右側はハンズブリーやディスプレイユニットの設定操作に使う USB端子はiPhoneやUSBメモリーなどで利用する