11日午前1時5分ごろ、福岡県北九州市八幡東区内の市道で、道路左側の路肩を歩いていた40歳の女性に対し、後ろから進行してきた軽乗用車とみられる車両が衝突する事故が起きた。クルマに乗っていた男2人は女性のバッグを奪い、そのまま逃走している。

福岡県警・八幡東署によると、現場は北九州市八幡東区西本町2丁目付近で車線区別のない幅員約5mの直線区間。40歳女性は帰宅するために道路左側の路肩を歩いていたところ、後ろから進行してきた軽乗用車とみられる小型車にはねられた。

女性は約10m先まで弾き飛ばされ、右足などを骨折する重傷。クルマに乗っていた男2人は女性を救護せず、女性の持っていたハンドバッグを奪い、そのままクルマで逃走した。警察では所持品を奪う目的で故意にクルマを衝突させたものとみて、強盗傷害事件として捜査を開始している。

事故の一部始終は現場近くに設置された防犯カメラが撮影しており、警察では映像を分析して車種の特定を進めるとともに、車種が判明した段階で車当たり捜査を始め、容疑車両の割り出しを進める方針だ。