これでポイントランクでも首位の背中が見えてきたディクソン。写真:IndyCar

前日に続くダブルヘッダーで開催されたインディカー・シリーズ第13戦決勝(現地14日、トロント市街地)は、スコット・ディクソンが完勝。3連勝を飾り、トロント完全制覇による特別賞金10万ドルも獲得した。佐藤琢磨は終盤の多重事故に巻き込まれて20位。

前日の勝利の余勢を駆ってポールポジションからスタートしたこの日のディクソン(#9 Chip Ganassi Racing/ホンダ)に、敵はいなかった。インディカーでは初のスタンディングスタートも無難にこなしてトップキープ、その後も独走といえる展開で、終盤になって発生したフルコースコーションによる2回のリスタートも彼の勝利を妨げる障壁にはならなかった。85周の決勝レースを完全支配したといっていい圧勝である。

「トロントで勝ちたいと思っていたが、去年までは勝てず、ダブルヘッダーとなった今年、連勝できて本当に嬉しい。今週は第1レースの予選以外、なにもかもがスムーズに運んだね。次のミッドオハイオは得意コース。4連勝を狙っていくよ」。3連勝達成、トロント連勝によるボーナスも獲得し、さらにはポイントランクで2番手に浮上したディクソンは首位と29点差。03年と08年に続く自身5年ぶり3度目のタイトルの可能性も見えてきている。

ポイントリーダーのエリオ・カストロネベス(#3 Team Penske/シボレー)が今回2位。そして3位にはセバスチャン・ブルデー(#7 Dragon Racing/シボレー)が入り、前日の2位に続く表彰台ゲットとなった。4位はダリオ・フランキッティ(#10 Chip Ganassi Racing/ホンダ)、5位はE.J.ヴィソ(#5 Team Venezuela/Andretti Autosport/HVM/シボレー)。

予選15位だった琢磨(#14 A.J. Foyt Racing/ホンダ)は、レース前半のうちに7位まで順位を上げた。72周目のリスタート後に少しポジションを落としはしたものの、トップ10圏内を走っていたのだが、残り2周でのリスタート時に上位のウィル・パワー(#12 Team Penske/シボレー)、ライアン・ハンターレイ(#1 Andretti Autosport/シボレー)らの交錯に巻き込まれ、典型的な“もらい事故”でレースを終えることになってしまった(リザルトは20位)。

「チームとして素晴らしい仕事をしたというのに、それに見合わない残念な結果。(最後は)不運だった」と琢磨は語った。そして今後に向けては「エンジニアとチームクルーの努力でマシンは前日より断然速くなっていたが、それでもまだトップグループとは差があったことも事実。さらにハードワークを重ねていかないといけない」と展望している。シリーズランクは13位、首位とは168点差。チャンピオン争い復帰は厳しくなったかもしれないが、シーズン2勝目を目指し、再浮上してほしいところだ。

中2週のインターバルを前に、インディカーはシリーズの約3分の2を終了。調子を上げてきたChip Ganassi Racingとディクソン、そしてホンダが、このままシーズンの勢力図を塗りかえるのかどうか。終盤戦の幕開けとなる第14戦ミッドオハイオは8月4日決勝である。

トップ10は確実な走りを見せた琢磨だったが、もらい事故の不運に遭遇。写真:IndyCar ディクソンはトロント戦を完全制覇した。写真:IndyCar トロノトの「レース2」はディクソン完勝に終始。写真:IndyCar 佐藤琢磨のリザルト上の最終順位は20位。写真:Honda ピットも完璧な仕事でディクソンをコースに戻す。写真:IndyCar 写真の先頭ブルデーは、トロントで連続表彰台を獲得。写真:IndyCar ちょっと余裕がなくなってきた、ポイント首位のエリオ・カストロネベス。今回も2位と安定しているが、ディクソンの勢いは脅威だろう。写真:IndyCar 今年は勝てないウィル・パワー。今回は終盤のアクシデントで上位フィニッシュを逃した。写真:IndyCar フランキッティも、僚友ディクソンともども調子を上げつつある。序盤に緊急ピットしつつも、最終的に4位を得た。写真:Honda 力走実らず無念の結果に終わった佐藤琢磨。写真:Honda 今季のトロント市街地レースはダブルヘッダー開催となった。写真:IndyCar