三菱・eKワゴン《撮影 内田俊一》

三菱『eK』と日産『デイズ』のセンタークラスターは軽自動車初のタッチパネル式オートエアコンが採用された。

三菱自動車エンジニアリング開発技術部車両計画グループエキスパートの長井節生さんは、タッチパネル式は高価なため、三菱だけでは採用は難しかったと話す。eKとデイズのコンセプトのひとつに上質感があり、「価格が高くても、(日産との)協業でコストダウンが図れることから、企画の早い段階から採用が決まっていました」と話す。

パッケージングを担当した長井さんはこのセンタークラスターは苦労したひとつだという。「下方向に長くすると、足元に影響が出ます。エアコンなどのスイッチを配置しつつ、存在感も出しながら、膝の邪魔にならない兼ね合いが難しかった」。サイズを大きくすると存在感は増すが、足元は狭くなる。「上質感を狙って採用したモノが、窮屈感を助長しているのであれば本末転倒ですから」と述べる。

長井さんは、「単純にエンジニア的な解答だけではなく、スタイリング面でも、縁取りのシルバーの加飾はミリ単位で検討しました。膝に圧迫感なく、かつ、上質感の主張が出来、スタイリングのバランスがとれるようにしました」と仕上がりに自信を見せた。

三菱・eKワゴン《撮影 内田俊一》 三菱・eKワゴン《撮影 内田俊一》 三菱・eKワゴン《撮影 内田俊一》 三菱・eKワゴン《撮影 内田俊一》 三菱・eKワゴン《撮影 内田俊一》