Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田千鶴子》

7月7日、袖ヶ浦フォレストレースウエイにおいて、ヒストリックカーによるレース形式の走行会、Tokyo Bayside Classic Cup Series Tokyoが開催された。主催はTokyo Bayside Classic Cup 事務局。

1972年までに生産、あるいは、その後も継続生産された車両であれば、輸入、国産問わず参加できることから、1960年代から1970年代初期のレースシーンで活躍したロータスコルティナや、アルファロメオ1750GTV、ミニといったクルマがサーキットを駆け巡った。

参加車の中で最も目を惹いたのは、トルネードタリスマンGTだろう。イギリスのバックヤードビルダー、トルネードが約200台作ったといわれるクルマで、標準モデルはコスワースがチューンしたフォード製の1.5リッターエンジンを搭載している。

その他、フォードエスコートMk1をベースに1970年のロンドン-メキシコ・ワールドカップ・ラリー優勝記念モデル、メキシコを模したクルマや、ロブウォーカーレーシング風のミニ等、“ちょっとだけ”レーシーに仕上げたクルマが多く見られた。

トルネードタリスマンGT《撮影 内田千鶴子》 トルネードタリスマンGT《撮影 内田俊一》 モーリス・マイナー《撮影 内田千鶴子》 モーリス・マイナー《撮影 内田俊一》 モーリス・マイナー《撮影 内田千鶴子》 モーリス・マイナー《撮影 内田千鶴子》 フォード・エスコートMk1《撮影 内田俊一》 フォード・エスコートMk1《撮影 内田俊一》 フォード・エスコートMk1《撮影 内田千鶴子》 フォード・エスコートMk1《撮影 内田千鶴子》 フォード・エスコートMk1《撮影 内田俊一》 ロータスコルティナMk1《撮影 内田俊一》 ロータスコルティナMk1《撮影 内田俊一》 ロータスコルティナMk1《撮影 内田千鶴子》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田千鶴子》 MG・ミジェット(左)とロータスコルティナ(右)《撮影 内田俊一》 MG・1100Mk1《撮影 内田俊一》 ミニマーコス《撮影 内田千鶴子》 ミニマーコス《撮影 内田俊一》 ミニ《撮影 内田俊一》 MG・B《撮影 内田俊一》 アルファロメオ・ジュリアスーパー《撮影 内田千鶴子》 アルファロメオ・ジュリアスーパー《撮影 内田俊一》 アルファロメオ・1750GTV《撮影 内田俊一》 ダットサン・フェアレディ2000《撮影 内田千鶴子》 ダットサン・フェアレディ2000《撮影 内田俊一》 ダットサン・フェアレディ2000《撮影 内田千鶴子》 ホンダ・S800 レーシング《撮影 内田千鶴子》 ホンダ・S800 レーシング《撮影 内田俊一》