Gマークのラッピングトラック

全日本トラック協会は7月中旬より、Gマーク認定制度の認知度アップを目的に、「Gマーク」デザインのラッピングトラックを走行させる。

同郷会では、2003年7月から、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性向上に対する意識を高めるため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する「安全性優良事業所」認定制度(Gマーク認定制度)を実施している。

昨年度より首都圏近郊の安全性優良事業所の協力を得て、保有車両に安全性優良事業所のシンボルマークである「Gマーク」のデザインを施したラッピングトラックを走行。今年度は各都道府県トラック協会と連携して対象地域を全国に拡大し、新たに30台を走行させる。