レクサス 新型IS《撮影 小松哲也》

レクサスの新型『IS』の内装は、『LFA』のインテリアをモチーフにしており、水平基調のインストルメントパネルに対し、センタークラスターやドアトリムのアームレストが下の方から突き刺さったようなイメージでデザインされている。

レクサス インターナショナルの伊勢清貴プレジデントは「新型ISの外観デザインは結構早く決まったが、内装は実は苦労して全然まとまらなかった。そこで、LFAのモチーフを取り入れてと指示したら、さっと決まった」と明かす。

伊勢氏は「なんでもゼロから毎回毎回築くのはやはり難しい。ある意味、うまくいったモデルがあれば、それのモチーフをうまく使いながらやるというのは、この分野にとっては良いことだと思っている」と語る。

具体的には「ラグジュアリー系モデルの内装は『GS』でやったように横基調。スポーツ系は縦基調という形をまず基本にしてやっていく。今回のISのメーターは特にLFAのモチーフで良いところをうまく使ったが、とても(ユーザーに)喜んでもらっている」と説明した。

レクサス 新型IS《撮影 小松哲也》 レクサス 新型IS《撮影 小松哲也》 レクサス インターナショナル・伊勢清貴プレジデント《撮影 小松哲也》 レクサス 新型IS《撮影 小松哲也》 レクサス 新型IS《撮影 小松哲也》