渋滞イメージ

日本道路交通情報センターは7月12日、夏の観光地の道路交通情報をまとめ、発表した。

高速道路については主に30km以上の渋滞、一般道路については主要観光地周辺でとくに著しい渋滞(2.0km〜20.0km)が予測される路線と地点を抽出して記載している。

高速道路については、下り線が8月10日(土)〜11日(日)にかけて、上り線は8月15日にピーク時10km以上の渋滞が多く発生すると予測されている。

下りの最長渋滞は10日午前5時から午後1時にかけて、中央道高井戸〜上野原間で40kmの渋滞が見込まれるほか、13日午前6時〜午後3時にかけて、関越道大泉〜嵐山小川間で40kmの渋滞が予測されている。

上りでは、11日午後2時〜深夜1時にかけて、東名高速御殿場〜横浜町田間で40kmの渋滞が最長となっている。

一般道では、熊野花火大会(三重県)の開催日(8月17日)に国道42号で20kmの渋滞などが予測されている。