フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「Think Blue. Training」を、7月14日に岡山国際サーキット、7月28日に二子玉川ライズで開催する。

フォルクスワーゲン主催のエコドライブ・トレーニングは、2007年12月の開始以来、これまでに全国各地で90回以上開催し、受講生も延べ2000人近くを数える。2012年には従来のエコドライブトレーニングに加え、安全運転トレーニングの要素を付加した「Think Blue. Training」として開催した。

今年度は新型「ゴルフ」の導入を機に、社会的ニーズの高まっているクルマの安全性に対して、ハードウェアとして安全なクルマの訴求、ドライバーにとって必要な安全運転のコツを伝える事にもフォーカスを置いたトレーニングプログラムとして展開する。

また、従来は同社主催の事前申し込み式トレーニングだったが、今年度からは、パブリックスペースにおける現地募集型トレーニング方式を採用し、ファミリーから女性ドライバーまで幅広いドライバーに受けやすいトレーニング環境を用意する。