BMW i3の最終プロトタイプ

BMWが電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」から、第一号車として市販される『i3』。EV版だけでなく、PHV(プラグインハイブリッド)版の詳細も公表された。

これは7月10日、BMWが公式サイトで明らかにしたもの。7月29日にワールドプレミアされるi3の市販モデルに関して、「パワートレインのオプションとして、PHVも設定する」と発表している。

i3のPHVは、発電専用のエンジンを搭載した、いわゆる「レンジエクステンダー」。レンジエクステンダーとは、基本をモーターで走行するEVとし、バッテリー残量が少なくなると、発電専用のエンジンを始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。これにより、航続距離を伸ばす仕組み。

i3のPHVでは、最大出力170ps、最大トルク25.5kgmを発生するモーターを基本に、発電専用の排気量650ccの2気筒ガソリンエンジン(最大出力34ps)を追加。BMWは、「航続距離はEV版比で最大100km以上伸び、およそ300km程度」と説明している。

BMW i3の最終プロトタイプ BMW i3の最終プロトタイプ