韓国からスペインに生産移管されるオペルモッカ

GMの欧州部門のオペルは7月10日、『モッカ』の生産を韓国からスペインに移管すると発表した。

モッカは2012年3月、ジュネーブモーターショー12で初公開。GMが2012年1月、デトロイトモーターショー12で発表した小型クロスオーバー、ビュイック『アンコール』をベースに開発された。

モッカには、アンコールとは異なる専用フロントマスクを採用。さらに欧州向けらしく、エンジンには1.7リットル直列4気筒ターボディーゼル「CDTI」が設定される。このCDTIユニットは、最大出力130ps、最大トルク30.6kgmを引き出す。

現在、モッカはGMの韓国工場で組み立てている。これを2014年の後半から、スペインのサラゴサ工場へ移管する。オペルによると、2012年夏の発売以来、モッカが欧州での人気が高いことを受けての対応だという。

オペルは生産移管の準備として、スペインのサラゴサ工場に8000万ドル(約80億円)を投資。5800名の雇用を維持する計画。

サラゴサ工場では現在、『コルサ』と『メリーバ』を生産。オペルのカールトーマス・ノイマンCEOは、「モッカの生産移管は、需要のある地で生産するという理念にかなうもの」と述べている。

オペル・モッカ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 オペル・モッカ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 オペル・モッカ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 オペル・モッカ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》