F1 ドイツGP(2013年) レッドブルのマーク・ウェーバー《画像 Getty Images》

先週末ドイツGPでは、脱落したタイヤホイールがピットレーンを転がり、公式映像カメラマンが負傷するという人身事故が発生した。FIAは、レースと予選セッション進行中はマーシャルとチーム関係者以外のピットレーン立ち入り禁止を即時発効。立ち入り禁止を決定した。許可を受けたメディアであっても、セッション中のアクセスは今後ピットウォール内に制限される。

ニュルブルクリンクでの事故は、マーク・ウェーバーのレッドブルのピットストップ直後にピットレーン出口に向かう途中で一輪が脱落したことで発生した。

事故再発を防ぐため、2014年から適用が予定されていたルール2点が、即時、すなわち2013年の残りレースから適用されることとなった。

ピット作業に従事するすべてのチーム関係者には、頭部防護の着用が義務付けられ、レース中のピットレーン速度制限は従来の100km/hから80km/hに強化される。(メルボルン、モナコ、シンガポールはピット形状からこれより厳しい60km/hが適用されているので、これまで通り)。

また、FIAはレッドブルに対して書面による報告を求めており、提出され次第全チームに回付してピットレーン安全強化の一助とするとしている。

F1 ドイツGP(2013年) レッドブルのマーク・ウェーバー《画像 Getty Images》