プジョー3008の中国仕様

フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンは7月8日、2013年上半期(1‐6月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数(ノックダウン生産分を含む)は146万1000台。前年同期比は9.8%減となった。

販売が減少した要因は、イランによる部分が大きい。イランでは経済制裁により、PSAプジョーシトロエンは現地生産を停止。このため、2012年のイラン生産分の14万2000台が、ほぼそのまま失われた。このイラン市場分を除けば、前年同期比は1.1%減となる。

また、信用不安が続く欧州市場は、引き続き不振。2013年上半期、地元フランスは11%減、イタリアは11%減、スペインは5%減となるなど、落ち込みが続く。

その一方、世界販売に占める欧州市場以外の割合が拡大。2013年上半期、中国では前年同期比33%増の27万8000台を販売。プジョー『3008』やシトロエン『C4』が支持を集める。

なお、ロシアの2013年上半期実績は、前年同期比22%減の3万2000台と後退。ロシア新車市場は、2013年初頭から、減少傾向にある。

シトロエン C4L