フィアットデュカート

イタリア自動車大手のフィアットと、フランス自動車大手のPSAプジョーシトロエンは7月9日、両社の合弁工場におよそ7億ユーロ(約900億円)を投資すると発表した。

7億ユーロの負担内訳は、フィアットが5億5000万ユーロ(約710億円)、PSAプジョーシトロエンが1億5000万ユーロ(約190億円)。投資は、今後5年をかけて実施。

今回の投資は、イタリアのアテッサ工場に対して行われる。同工場は、フィアットとPSAプジョーシトロエンが1981年に、折半出資で設立した合弁工場。現在、両ブランドのLCV(小型商用車)を生産している。フィアットは『デュカート』、プジョーは『ボクサー』、シトロエンは『ジャンパー』を名乗る。

7億ユーロの投資によって、アテッサ工場には、生産設備を刷新。具体的には、最新の組み立てロボットや塗装システム、新しい組み立てライン、幅広い商品を顧客や市場の需要に合わせて届ける物流システムなどを導入する。

アテッサ工場は、累計450万台以上のLCVを生産。現在、6000名以上の従業員を雇用し、3シフト制で年間およそ30万台を組み立てている。