インテック動態管理クラウドサービス「i-Lism(アイリズム)」

インテックは、動態管理クラウドサービス「i-Lism(アイリズム)」とスマートデバイスを用いて、エコスの配車管理の実証実験を7月1日より約2か月間実施すると発表した。

インテックは、車両や荷物など動くモノや人の位置・状況(動態)をGPSで取得し、地図上で一括して管理する動態管理クラウドサービス「i-Lism」を、2012年11月より提供している。

今回の実験では、「i-Lism」とスマートデバイスを活用してトラックの動態管理を行うことにより、どの程度業務改善へとアプローチできるかを検証する。具体的には、各トラックにスマートデバイスを搭載して、GPSを通じて取得したトラックの移動情報を分析する。

初期投資の少ないスマートデバイスを活用することで、エコスが管理する配送トラックの位置や状態を動的に「見える化」し、到着時刻の予測の精度を向上。店舗での荷受作業の効率化、ひいては配送ルートやスケジュールの改善につなげていく。

また実験では、「i-Lism」の地図情報としてGoogleマップを利用し、アプリケーションでは、Googleから提供される新機能「Tracks API」を活用。「Tracks API」は、Googleマップ上に直接トラックの動線を表示し、店舗など登録地点への接近を検知したりする「ジオフェンス機能」などを搭載している。

インテック動態管理クラウドサービス「i-Lism(アイリズム)」