2013年 ドイツGPで勝利したレッドブルのセバスチャン・ベッテル(左)とシャンパンをラッパ飲みするキミ・ライコネン《画像 Getty Images》

レッドブルチーム代表クリスチャン・ホーナーは、今後のタイトル争奪戦がフェラーリとロータス、メルセデスAMGとレッドブルとの戦いになるとの予想を語った。

先週日曜日にニュルブルクリンクで勝利したベッテルは、ドライバーズタイトルのリードを再び34ポイントに拡大し、レッドブルのコンストラクターズの優位は2位メルセデスAMGに67ポイント差をつけるに至った。イギリスGPでのベッテルのギヤボックス故障がなければ、直近のレースは3連勝となっていたはずだが、それでもレッドブルが安泰になったとは思わないとホーナー。

「状況はほとんど四つ巴の戦いであり、ライバル3チームはどこも侮りがたい存在だ。シーズンはちょうど今中間点を迎えたばかりで、この先も嫌になるほど長い後半戦が待ち受けている。約束された勝利などひとつもないし、前半戦で4度のレースに優勝できたことは満足できる成果と思うが、このことも後半戦の保証とは成りえない」

ホーナーは、ピレリがドイツGPに持ち込んだタイヤを評価している。デグラデーションに関してはある程度の余裕が生まれた一方で、レース性は十分に確保されたという評価だ。

「ある程度開幕当初から予想はしていたことだが、レースに占めるタイヤの役割が大きくなりすぎた結果、多くのドライバーがマシンの能力をフルに発揮できなかったと感じていた。ドイツGPでは、どのドライバーもカナダGPのように思う存分プッシュしていた。こういうのをエキサイティングなレースと呼ぶのだと私は思う。ドライバーとドライバーがギリギリのところで競い合うレース、個々のセクターのタイムを競い合うのがF1のあるべき姿だと思っている」

2013年 ドイツGPで勝利したレッドブルのセバスチャン・ベッテル《画像 Getty Images》 レッドブルチーム代表クリスチャン・ホーナー(2013年 ドイツGP)《画像 Getty Images》 2013年 ドイツGPで勝利したレッドブルのセバスチャン・ベッテル《画像 Getty Images》 2013年 ドイツGPで勝利したレッドブルのセバスチャン・ベッテル《画像 Getty Images》